ダイバーシティ&インクルージョン

社内を良くすると社会が良くなる。I.S.コンサルティングは本気です。

本気で実践し、感動を創出する

I.S.コンサルティングでは、創立間もない7期目から、発達障がいがある方の採用、インターンシップの受け入れを積極的に行って参りました。今では全従業員の内、20%を超える社員が発達障がいがある社員となりました。 「雇用の創出」という経営理念を基に取り組んだ採用でしたが、発達障がいがある人財の「自分の強みを伸ばし、弱みを克服し、チームに貢献したい」という思いに応える取り組みの中で、私たちの中に、「発達障がいがある人財が生き生きと働ける環境」という新たな価値が生まれました。

しかし、同時に、これは発達障がいがある社員だけが必要な考え方では無いということに気が付きました。全従業員が「強みを理解し伸ばす。弱みを理解し克服する」。また、その個々の強みが活かされる経営が新しい価値の創造につながり、一人の弱みを皆で理解し克服しようとすることが自己成長と組織の成長に繋がるのだと考えました。

働くことの本当の喜びは、自己成長を感じながら、自分らしさで地域社会や仲間に貢献できることです。そして10周年を終えた2017年6月、全従業員が、当社の中で生き生きと働く環境を築くことで、地域社会においても様々な個性を持った方達が生き生き働くことに貢献できるはずだという信念の下、ダイバーシティ&インクルージョン経営に本気で取り組むことに決めました。 そうした私たちの姿がロールモデルとなり、「働く・生きる」を通じたサポートで日本、世界を元気に、未来を笑顔にしていきたいと本気で考えています。

よって、全従業員が自分の無限の可能性を信じ、成長し続けることで素晴らしい社会の創造に寄与できるよう、「ダイバーシティ&インクルージョン経営で価値を創造する企業」を目指す事をここに宣言します。多様な背景の人財が認められ、全従業員が幸福のために生き生きと働くことで、多様な個性が輝く社会の創造に貢献することを宣言します!

人材、採用、育成、個性、社会の創造

社内外で感動を創出するための取組み

全社員のうち、20%以上が発達障がいのある人材ですが、当社では非常に生き生きと働いてくれています。そんな中で、雇用する事ではなく、生き生きと働いていて、戦力化もできているという事が注目され、様々な企業や団体から講演の依頼を頂く機会がありました。 また、宣言文にもあるように、当社では、過去にいろんな背景を持ったインターンシップ生を多く受け入れています。 その一例をご紹介します。

講演実績

・厚労省主催阪神北圏域就労支援合同連絡会議
・神戸市主催
・京都市主催
・大阪大学主催 障がい者雇用の促進に関する講演会

取材実績

・未来企業プロジェクト
・障がい者と雇用 『働く広場』
・NHKバリバラ
・日刊スポーツ×甲南大学
・注目の西日本ベンチャー100

過去3年間の発達障がい者雇用実績

・2017年度:2名
・2016年度:1名
・2015年度:2名

採用情報 ENTRY Photo