戦略 Strategy

「仕組み」で勝利し、「人」で圧倒する。それが当社の戦略の根幹にあります。ではどんな「仕組み」で当社は成長し、感動の輪を広げようとしているのでしょうか・・・そこで・・・入社1年目の飯田に指令が下されました。【指令】今度の採用サイトで掲載する予定の当社の「仕組み」についてレポートを提出すること新入社員飯田が各事業の詳細とその戦略についてレポートを提出してくれました。

新入社員飯田の「事業」「戦略」レポート!

今回取材したのはこの3名です!

web戦略

当初ノウハウが無い中始まった当社のweb戦略はサイト戦略と広告戦略におけるノウハウの蓄積により発展を遂げてきました。今後は社内のサービスを一貫したサービスとして提供することでファンを増やせるようwebの強みを最大限活かせられる企画を進めて行きます。

営業企画戦略

webの強みをそのまま活かしたチャネルのミックスにより、強みを持った顧客獲得戦略を築いていきます。また、webでは補えない対人的な関係構築や「思い」をしっかりと伝えるという営業の利点を活かし、独自の企画を次々と打ち出していきます。
企業だけでなく学生団体、大学との関係構築からビジネスが広がるというのが戦略における大きな特徴です。

経営企画室

経営企画室は、会社全体の経営戦略と、各事業部のサポートを行う部署です。2017年度期初に新設された部署で、主に事業部以外の業務を集約させています。また、ダイバーシティ&インクルージョン宣言を軸に、人事や広報など、会社全体で取り組まなければいけない事もミッションとし、採用や研修なども企画、実施しています。

web制作

サイトをサービスだと考え、質の高いサービス提供を目指す

当社の販路はほとんどがwebサイトによるものですが、その中でお客様にとって情報が見やすいか、使いやすいサイトか、質の高い情報が掲載されているかというサービスとしてのweb戦略に力を入れることでたくさんの方に当社のサービスを利用してほしいというのが一番の目標です。もちろんSEOというところは一番力を入れないとけないのですが、最近ではGoogleのような検索エンジンでも使いやすさであったり情報の質の高さが評価されて順位が上がる傾向にあります。もちろん従来通りの施策も必要ではありますが、お客様がサイトを閲覧した際のサイトとしてのサービスの質にはこだわりを持って取り組んでいます。

データだけでなく、お客様の声からもサイトを分析していく

日進月歩進化していくweb業界では情報収集がもっとも大事なことです。これは自社のサイトからも同じで、あらゆるデータを集めることでユーザーの動向をつかめることがあります。また、当社のイーコマースの特徴としてライセンス事業部、留学支援事業部にはカスタマー部門があるというのも強みの一つです。お客様の反応や直接の声からサイトの分析を行えるという点は非常に強いと考えていて、その中でいかに※PDCAを効率よく回しながら施策に取り組めるかということを日々心掛けています。
※PDCAとはPlan・Do・Check・Actionの事、計画を立てて行動し、行動の結果から分析検証を行い、次回の計画に活かすというもの。

新入社員メモ:報告①SEOやweb業界は日々すごい進化を遂げているため情報収集が重要 報告②分析においてはサイトのデータだけでなくお客様からの声や反応も情報の一つ 報告③サイト制作はお客様にとって使いやすいサイトを目指して作っている 以上のことがわかりました。お客様のためにサイトを作ることがSEOで順位を上げることにもなるんですね!サービスの連動も難しそうだけど私も力になりたいと思いました!!

営業企画

webの強みはそのまま、+思いを発信するための営業戦略

当社はweb戦略による集客がほとんどのウェイトを占めています。これは当社が創業以来魂を込めて創造したサイト戦略による賜物と考えています。営業戦略ではwebの強みをそのままに、対面、リアルでのつながりを強化することでお客様とのキャッチボールから満足度を図ることができますのでサービスの正当性を確認しながら自信を深めていくことができます。
簡易性ではwebで完結するライセンス事業や留学事業のモデルが優勢ですが、それだけでは当社の思いや夢を発信しきれません。実際に顔を合わせて当社の思いをぶつけ、共感して頂いた方や企業にはとことん徹底したサービスをFace to Faceで提供するというのが営業戦略の大きな目的でもあります。

チャレンジを恐れず、「人」を愚直に高めることが最大の営業戦略になる

当社の営業活動は材や財ではなくサービスを扱う営業ですので「人」がすべてのクオリティになります。「人」がサービスを提供しますのでこれは当然のことですが、これには非常に高いレベルの能力や人間力が求められます。
しかし、私が入社してから営業チームは留学支援事業、就職支援事業、教育事業と様々な分野の新規事業の立ち上げにチャレンジしてきました。感動を創出するためにはまず私達社員が感動を感じるための「素直さ」「謙虚さ」「感謝の気持ち」を磨き、「人財」となる。そうすることで分野を問わず、会社、営業パーソンとしての質、営業企画戦略はしっかりと出来上がるものと考えています。
これから当社に入社する人材には、自分が事業を立ち上げ成功させるんだという強い思いで入社してほしいと思います。

新入社員メモ:報告①webと対面の両方の強みを活かした営業企画戦略 報告②対面で当社の思いに共感を得ていただいて徹底したサービスを提供するのが目的 報告③感動を創出するサービスのため、まず社員自身が人間性を磨き「人財」に 以上のことがわかりました。どんな分野の事業でも思いを伝えて感動していただくことを大事にしていました。チャレンジする気持ちを持って人と向き合う姿勢が素敵でした!

経営企画室

経営企画室の役割

経営企画室は、会社全体の経営戦略と、各事業部のサポートを行う部署です。2017年度期初に新設された部署で、主に事業部以外の業務を集約させています。また、ダイバーシティ&インクルージョン宣言を軸に、人事や広報など、会社全体で取り組まなければいけない事もミッションとし、採用や研修なども企画、実施しています。ほかにも経営課題を明確にし、それぞれの課題に取り組めるような体制を作っています。

主な取り組み

・ダイバーシティ&インクルージョン宣言とそれに伴った施策の実施
・メンター制度の導入
・会社広報
・人事(採用や研修)

マネジメントで会社を先導する

経営企画室では、今後も事業部以外の業務をメインに進めて行きますが、ダイバーシティ&インクルージョン宣言から、新しい事業に展開させても面白いのではと考えています。例えば発達障がい者の雇用体制構築の企業へのコンサルティングや、発達障がい者が海外でいろんなことに挑戦する留学プログラム、海外留学生の就職サポートなど、当社ならではの商品、商材企画にも活かせていければと思います。

新入社員メモ:報告①事業連動とブランディングを通じて一貫した「感動創出」の実践 報告②一人一人が課題解決に取りくみ全員で会社を創っていく 報告③社員みんなに平等に活躍のチャンスがありモチベーションアップや成長につながる 以上のことがわかりました。課題解決のためにいろんなチームが組まれているんですね!入社1年目でもこんなにチャンスがあるなんて、他ではなかなか無いですよ!

採用情報 ENTRY Photo